就職活動全般一覧

スポンサーリンク



表現の違いで劇的に変わる。〜自分らしく、具体的に。〜

自分を表現することは、相手に正しく理解してもらうためにも大切。 前回は、組織と従業員はどちらが上ということはないとお伝えしました。詳細はこ...

記事を読む

「組織が絶対!」な〜んて古い!〜持ちつ持たれつの関係を忘れずに。〜

組織ファーストも従業員ファーストもない。 前回は、就活のための経験ではなく、在りたい自分を考えるための経験をとお伝えしました。詳細はこちら...

記事を読む

就活のための経験ではなく、将来のための経験を。〜経験の選択は目の前よりも先を見据えて。〜

何のための経験をするのかを考えよう。 前回は、熱を持って取り組めることを探そうとお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。 ...

記事を読む

やりたいことは経験から見えてくるもの。~その仕事に熱を持てるか。~

明確なキャリアプランなんて思い浮かべなくてよい。経験していれば選択肢はいくらでも出てくる。 前回は、従業員が仕事を楽しんでいるかを確認しよ...

記事を読む

仕事が楽しいかは、説明会だけでは見えてこない。〜傍を楽するための主体性が必要。〜

顧客ありきで仕事を楽しむこと。 前回は、志望組織の取引先とそのストーリーを知ることをお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。 ...

記事を読む

就活は、すみっコぐらしじゃやっていけないよな。〜チャレンジングに行動してみよう。〜

隅っこに居座らず、チャレンジングに! 前回は、現状の最適解を探すことをお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。 さて、児...

記事を読む

過去を否定するより、現状できることを探そう。〜正解も道筋も1つじゃない。〜

過去の自分を否定しないで!現状の最適解を探すこと! 前回は、義務感で就活をしないことをお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。 ...

記事を読む

勤労の義務は、押し付けられるものではない。~義務感だけではつまらない。~

義務感に押しつぶされたらつまらない。 前回は、組織情報をまとめる際に必ず知ってほしいことをお伝えしました。詳細は以下をご覧ください。 ...

記事を読む

組織研究するなら、組織の想いに耳を傾けよう。〜本物の志望動機はそこから作られる。〜

組織の特徴の違いが志望動機に繋がる。 前回は、常に変化する情報に柔軟に対応することについてお伝えしました。詳細は以下をご覧ください。 ...

記事を読む

現在の情報、明日には過去の遺物と化す。〜あなたの考えを明確に。〜

その情報、過去の遺物と化してない!? 前回は、反応の大切さについてお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。 さて、10月...

記事を読む