その組織、全体の中の一つ。〜研究するなら、俯瞰すること。〜

業界研究

組織の研究をするなら、全体の中の一つであることを知ろう。

前回は、組織でやりたいことやできることと、やらねばならないことをマッチングさせて志望動機を述べることをお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。

組織の中のwill、canとmustをマッチングさせよう!〜独りよがりな志望動機は嫌われる。〜
組織の中でできることとやらねばならないことを見極めよう。前回は、志望動機とあなたの想いに一貫性を持たせることについて、お伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。組織の知っている情報を述べるよりも、あなたの想いを伝えることが何より...

上記の、特に組織の中でやらねばならないことは欠かせないものです。これが、組織にとって重要な部分だからです。

このやらねばならないことについては、企業研究を行うことが大切です。

組織の研究が中途半端だとミスマッチは起こりやすくなる。

企業研究。あなたなりに行っていることと思います。企業研究を行うならば、ぜひ気をつけてほしいことがあります。

その企業だけに集中しない。

何をどう調べればよいかわからない。だからこそ、目の前のことに集中しがちになりますね。

けれども、面接では「何で他の組織でなくうちなの?」ということも聞かれます。

それを聞くのは、その業界の社会に対する立ち位置に留まらず、その業界の中の志望する組織の立ち位置も理解できているかを確認する意図もあります。

つまり、業界全体を俯瞰して見ることが大切。

例えば、毎年人材業界を志望する人が多いです。人のために、でも接客ではない。そんなところから人材業界を志望するのでしょう。

けれども、人材業界は人のためではなく、企業のためにサービスをしています。

お客様である企業が求めている人材を理解し、それをもとに最適な人材を配置する。そうすることで、お客様企業の事業発展に寄与する。それが人材業界の役割となります。そしてその中で、人材紹介と人材派遣は異なる性格を持っているのです。

こういった業界や企業の根本を理解せずに面接練習をしている就活生が非常に多いと感じます。

上記の例でいえば、人目線である就活生と企業目線である人材会社とマッチングするはずがないのです。

入社したとしてもその目線の違いに苦悩し、組織になじむことに時間もかかるでしょう。なじむのに時間がかかればかかるほどミスマッチ度合いが広がりやがては退職となります。

そのようなことが起こらないよう、業界研究や企業研究は全体を俯瞰しましょう。業界研究、企業研究の方法は以下も合わせてご覧ください。

志望動機①~相手を知る術=業界研究~
志望動機は、業界研究してこそ生まれる前回は、自分の価値観を知るための方法としてキャリアアンカー理論をご紹介しました。詳細はこちらをご覧ください。さて、今回から志望動機の作るための方法について触れます。業界研究は相手を知るため...
字面だけの企業研究では不透明なまま。〜動く就活で本質を見極める!〜
上辺だけの魅力に惑わされない業界企業研究をしよう!前回は、自己実現について、お伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。自己実現のためには、真に自分のやりたいことを見つけることが大切といえます。自分のやりたいことと業界の特性を照ら...

いかがでしょうか?
入社の際、隣の芝が青く見えることもあります。あっちの組織の方がよかったなと思うようなこともあるでしょう。そういった思いを少しでも軽減するために今しっかりとマッチングを図ってください。そのためにも隣の芝と今のうちに比較をしておきましょう。

その組織は、属する業界の一つであるということを認識しておくことが重要です。

タイトルとURLをコピーしました