各企業、各自治体のコロナ対策や支援の調査を研究項目の1つにしよう。

☟シェアする

☟フォローして就活相談(無料)をする。



☟ブログランキング参加中。応援よろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ



社内向けコロナ対策から企業や自治体の考えを知ろう。

東京が本当にヤバいことになってる。

電車は混んでるし、コロナ感染者は増えているし。
接客を伴う飲食店が悪いみたいな
風潮になっているけれど、
都民全体として
重く受け止めないといけないと感じる。

東京アラートが発動しても、
単なる注意喚起だしな。。。
大丈夫かな…?

不安が絶えない。

就活生のあなたはもっとだよね。
マイナビの「就活生にエールを」キャンペーンが
炎上しているようだけれど、
21卒を無視しているわけではないと思うんだ。
マイナビを援護するわけではないけれど。

さて、21卒のあなたは、
もう分かっていると思うけれど、
コロナ対策をどうしているかも
企業研究の項目の一つにしたほうが良いよね。

企業それぞれの対策方法が見て取れる。

でもね、就活生のあなた向けの、
対外的なものはアテにはならない。

なぜなら、あなたはお客様だから。
お客様には最大限の対策を練るであろうから。

もし、それさえも疎かにしているようなら、
そこは間違いなくブラックだと、私は感じます。

一方、
社内に対してどのような対応かを確認してみると、
従業員への想いを感じることができます

ぜひコロナ対策を確認してみましょう。

公務員を目指す人は、
各自治体の給付金等支援策も確認しましょう

それを確認することで、
何を大切にしているかが分かります。

特別区一つとっても、
各区で支援策が全く異なっています。

ある区では、
区民全員に10万円給付以外に、プラス3万円。
15歳以下にはプラス5万給付。

またある区では、
中小企業者の、店舗の賃料を助成している。

このように、区ごとに対応も異なり、
中身を見てみると、
何を重要視しているかが分かります。

ぜひ確認して、
周辺自治体と志望自治体の違いを知りましょう。

スポンサーリンク