インターンシップ②~種類の組合せで自分探しの死角をなくそう!~

☟シェアする

☟フォローして就活相談(無料)をする。

20卒向けの方、インターンシップ参加してみて、いかがでしょうか?

私が接した20卒の方は、
自分のやりたいことが見つかって、それに向けて突き進んでいます!
という方もいれば、
周りや企業と雰囲気が合わず、将来がまだ漠然としている、
という方もいらっしゃいます。
インターンシップに参加できていないという方も中にはいます。

昨日のブログでも述べたように、インターンシップに参加できるならばした方が良い。
ただ、いまだその種類や用途を理解されていない方もいるので、
改めて種類について触れますね。

まず、インターンシップに参加するメリットは以下です。

インターンシップに参加するメリット

志望動機を明確にできる

自己分析に早くから取りかかれる

多少は、面接慣れする

企業によっては、インターンが本選考の第一段階となる

上記のようなメリットがあるからこそ、
参加するなら選り好みせずに、たくさん参加してください。
違った業種はもちろん、
可能なら同業種で規模の違う企業のインターンシップにも、参加しましょう。

気を付けてほしいのは、
インターンシップ先の雰囲気にのまれて、
業界全体を判断しないでほしいということ。

インターンシップ先の雰囲気が最悪で仕事がつまらないから、
この業界は合わないというのは違います。
あくまで、その企業が合わないにすぎません。

環境ではなく、
自分の本質、価値観や考えに業界として合うかどうか
これを意識してみてください。

インターンシップの種類は、大きく以下の3つがあります。

① セミナー型
1日~数日の短期が多く、企業説明会と考えてよいでしょう。
中には、グループワークをするようなところもあります。
なお、1日のものについては、22年卒向け以降は、インターンシップという名称での扱いはなくなります。
メリット:
業界や企業のイメージをつかめやすい。
多くの企業のものに参加することができる。
デメリット:
詳しい業務内容までは知ることができない。
大人数であるため、人事と学生、学生同士の交流が持ちづらい。
② ワークショップ型
そこそこ期間も長く、2週間程度。
皆で一つの課題に取り組むグループワークやグループディスカッションなどを行います。
メリット:
社員とのコミュニケーションがしやすい。
課題に対する成果によっては、本選考に進めたり、内定が出たりする。
デメリット:
実際の業務内容とは無関係な課題が多い。
③ 長期実践型
3か月~半年、学年によっては3年近く勤務することも。
実務経験を踏めます。
メリット:
実務を知ることができる。
自分の成長に繋げられ、即戦力として採用される。
デメリット:
週3ペースでの勤務が多く、時間をとられる。

短期も長期も経験できるなら経験しましょう!
将来ありたい自分や就職の軸を探すためにも、
ぜひ様々なインターンシップに参加してください。

どんな目的でインターンシップに参加したいのか、
インターンシップで何を身に着けたいのか、
これらを意識して、インターンシップ選びをしましょう。

スポンサーリンク