スポンサーリンク

最近の気になるニュースを教えてください。~ビジネスにおけるあなたの可能性を伝えよう!~

シェアする

気になるニュースであなたの可能性を知る。

前回は、企業の強みと弱みについてどのような観点で答えることが望ましいかについて触れました。詳細はこちらをご覧ください。

当社の強み弱みを教えてください。~短所を知るは納得を生む。~
当社の強みと弱みは何ですか?と問われたらどうしたらよいか 前回は、「あなたにとって働くとは?」と問われた際の考え方についてお伝えしました。...

さて、今回は気になるニュースについて。

二つのブログランキングに参加中です!ぜひ応援を宜しくお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 ランキング
スポンサーリンク

スポンサーリンク

あなたの最近気になるニュースは?

この質問は何を意図したものなのか。気になるニュースにを聞くことで、あなたの何が分かるのか。見ていきましょう。

面接官は、気になるニュースから何を知りたいのか。

面接指導でこの質問をすると、気になるニュースも人それぞれで、面白いです。就活生の思考が見て取れる。では、実際の面接官は、どのような視点で質問をするのでしょうか。みていき。

情報収集能力や理解力があるか。
自分の考えを持っているか。
業界や企業にどの程度関心があるか。

① 情報収集能力や理解力があるか。

目まぐるしく変化する社会情勢を敏感にキャッチできるか。そのためのアンテナとしてどのようなものを持っているか。それを知る為に聞くのがまず一つ挙げられます。

この目まぐるしい社会情勢の基で成り立つのが、ビジネス。社会の変化を敏感に感じ、それに対応できなければ、社会情勢に応じた適切なサービスはできません。その逆に、社会の変化にいち早く対応することができれば、新たな付加価値を生みだすこともできるでしょう。

社会の変化を敏感に感じ取るための情報収集能力と、正しく社会を読み取る(情報を理解する)理解力があるか。これが、就活生のあなたに求められている能力です。

② 自分の考えを持っているか。

ビジネスにおいては、情報収集だけすればよいという訳にはいきません。それを基に、自分の頭で考え、意志決定を迫られるような場面もあるでしょう。与えられた情報を自分に落とし込み、ビジネスへと変換する力も必要になります。そのためにも自分の意見を持って行動できる必要があります。

ニュースから何を感じ、どのような考えを持っているのかを聞くことで、自分で情報を整理し、自分なりの意見を考えられる主体性を持った人物であるかを確認しているのです。

③ 業界や企業にどの程度関心があるか。

志望する組織そしてそれが属する業界そのものの関心度を問われています。それを知ることで、本気の度合いを確認するのです。

気になるニュースを聞かれる業界

気になるニュースについて、特に聞かれやすい業界は以下です。

マスコミ業界
IT業界
出版業界
公務員業界(行政・公安共に。)

常に新しい情報を素早く正確に届けるマスコミ業界や出版業界はもちろん、それを基に新しいシステム事業を展開するIT業界、世の中の情勢を施策に反映して、適切な住民サービスを行う公務員。これらの業界は情報がすべて。常にアンテナを張り、敏感にキャッチする必要があります。

上記の業界は、気になるニュースを特に聞かれやすい業界であり、上記以外の業界も問われる可能性は十分にあります。その業界が絡むニュースについて問われるので、志望業界に関連するニュースはもちろん、業界新聞には必ず目を通しておきましょう

各業界が抱える、「○○年問題」においての考えも必ず持っておきましょう。例えば、太陽光発電の「2019年問題」、人工知能の「2045年問題」。団塊ジュニア世代社員の高齢化に伴う「2020年問題」はどの業界でも問題視されているでしょう。オリンピック後の2021年問題だって何かしらの策を講じる必要はあるでしょう。

こういった問題に自分ならどのように立ち向かうかというあなたなりの考えをしっかりと持っておきましょう。

気になるニュースの聞かれ方

気になるニュースについては、大きく2つの聞かれ方があります。

自由回答
指定回答

① 自由回答

これは、「最近の気になるニュースについて教えてください。」というような質問になります。自分の本当に気になるニュースを話すことができれば問題ないです。あなたがどのようなことに興味や関心を持っているのかを知ることで、あなたの特性や考え、思考を確認するために聞かれます

どのようなニュースに興味があるのかを言うことはもちろんのこと、興味がある理由を伝えるようにしましょう。

② 指定回答

これは、「○○というニュースについて、あなたなりの考えを教えてください。」といった質問です。ニュースを指定されるのは、志望している業界や職種に対してどの程度の関心や熱意があるのか情報にしっかりとアンテナを張っているかを見ています。

指定されたニュースに対するあなたの考えとその理由を伝えるようにしましょう。

気になるニュースのNG回答集

特に自由回答の場合など、気になるニュースはどのようなことでもよいかというと、そういう訳にはいきません。言わない方が良いこともあります。それはどのようなことか。見ていきましょう。

宗教的・政治的な内容は避ける。
芸能・スポーツ関係は避ける。

① 宗教的・政治的な内容は避ける。

宗教や政治に関する内容は避けましょう。宗教的自由に反する恐れがあるためです。宗教に関する考え方は人それぞれ。面接官の宗教的考えと異なる意見を述べてしまうと、仕事とは関係がない部分で悪い印象を与え兼ねません。宗教的考えを他人に押し付ける人間ではないかという疑念も与えかねません。また、宗教的な偏りが生じていると面接官に勘違いをされると、宗教的結びつきを避けたがる面接官からすれば、採用を後押しすることはできません。

政治に関係するニュースにおいては、特定の政党の話は宗教と同じ要素があります。政治や政党を批判する内容だった場合、偏った思想を持った人物であるという評価を受けかねません。政党批判になった場合は、その批判対象となった政党支持者が面接官であった場合、マイナスな評価になること間違いなしでしょう。

人それぞれの思想に触れるようなニュースは避けた方が無難です。

② 芸能・スポーツ関係は避ける。

実は、芸能、スポーツ関係も宗教や政治と似たような側面があります。
特定のグループや特定のプロスポーツチームの熱狂的なファンであった場合、敵対するライバルについてあなたが触れたとしたなら、面接官は良い気分にはなれないでしょう。

また、芸能、スポーツ関係は軽い印象を面接官に与えかねませんし、スキャンダルネタやゴシップネタは特に業務内容には全くと言ってよいほど関係がなく面接にふさわしい内容とは言い難いです。

基本的に、取り上げるニュースとしては、志望している組織に関連する内容で、業界における熱意や関心度が伝わりやすい内容を取り上げることが望ましいでしょう。本当にその業界や組織の一員になりたいのなら、自然とその業界関係のニュースに目が行くはず。そのように目が行くニュースについて触れるようにしましょう。

いかがでしょうか?
気になるニュースは基本的には直近のもの(面接日当日もしくは前日のニュース)が望ましいです。どんなに遠い過去でも1か月前程度が望ましいでしょう。もしくは、継続的に経過が分かるようなニュース(裁判中など)でもよいです。なるべく新聞を見ることが望ましいですが、ネットやテレビでもよいでしょう。その際は芸能ニュースには目を向けないようにしてください。

ニュースを知るという行為は、ビジネスマンの第一歩になるものです。社会の情勢に目を向ければそれが新たなビジネスモデルを生む。それがあなた自身のビジネスに対する評価にも繋がるので、ぜひ今のうちからニュースに目を通すようにしましょう。それはつまり、あなたのビジネスにおける可能性を明示することと同義です。ニュースを仕入れ、あなた自身を高めましょう。

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング にほんブログ村

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする