スポンサーリンク

成功体験で自信をつける。〜自信を魅力に変えて、面接官に伝えよう!〜

シェアする

面接で自信を持つためには、成功体験を振り返ること。

前回は、熱意を伝えるためにはまず自信をつけること、そしてその鉄則として、過去の自分との比較や組織の研究が大切であることをお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。

熱意の裏には自信がある。〜面接では自信を持って答えられるようになろう!〜
面接の受け答えに自信をつけるために。 前回は、熱意をどのように示すかということについて、お伝えしました。詳細はこちらをご覧下さい。 ...

面接に限ったことではありませんが、自信がない人は嫌われる傾向にあることは否めません。

面接においても、自信のない人よりも自信のある人のほうが魅力的に感じ、採用したいと感じるものです。

二つのブログランキングに参加中です!ぜひ応援を宜しくお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 ランキング
スポンサーリンク

スポンサーリンク

面接で自信を見せるために、普段から思考する。

自信のあるなしは、仕事の出来不出来に少なからず比例します。自信がある人は、仕事の効率がよく実行力もあり大きな成果を上げやすい。

その一方、自信のない人は仕事にも自信がなく、他人任せになりやすく実行力も乏しいため成果を上げることがなかなかできません。

組織としては、成果を上げてくれる人材を採用したいわけですから、以上のことからも自信を感じられる人の方が好ましいでしょう。

では、自信をつけるためにどうしたら良いか。

自信は成功体験から得られる。

自信は、成功体験を積み重ねることで形成されます。小さな成功を何回か体験することで「自分でもやればできる」という感覚を覚えることができ、自信へと繋がるのです。

そのため、なかなか自信が持てないという方は、小さくても構わないので過去の成功体験を思い出してください

失敗経験に注目をしてしまうと、「また同じ失敗を繰り返すのではないか。」と疑心暗鬼に陥り、それが負のスパイラルを生み、「自分はダメ、自分では無理、何やっても無駄」という三大マイナス思考に陥ります。

それは、自分自身の成長をストップさせてしまう要因となります。失敗により経験を拒むことになれば、自信は一向につかないでしょう。

成功体験を振り返れば、その成功体験から得たことをイメージし、同じ状況を作り出すためにはどうするべきを考えられるため、やる気が出ます。

そのため、成功体験を振り返ることは自信を深める手段として最適なのです。成功体験を振り返ることとして、ぜひ、できたことや褒められたことを思い出すことを試してみましょう。小さい頃から少なからずそういった経験があるはずです。

あなたが成功したと感じるその経験やその時に感じたあなたの想いは、あなただけの物です。どうしても不安だというときは、そんな経験を思い出して面接に臨んでみましょう。

いかがでしょうか?
自信を持った行動や発言は、自分の質を高めることもでき、周りからの評価も上がります

面接において面接官は、部下もしくは後輩として一緒に働きたいか、仕事を任せられるかという視点で、あなたのことを見ています。

それは、初対面であるあなたに対する不安とも言えるでしょう。その面接官の不安を払拭するためにもあなたの自信を見せることで、面接官に安心感を与えてあげましょう

ぜひ、成功体験を思い出してみましょう。成功を、できたことや褒められたこと、その他、達成感を感じたことや誇れる経験に置き換えて思い出してみると、自信をつけるためのバリエーションが持てます。誇れる経験については、こちらも合わせてご覧下さい。

誰にも負けないと思うことは何ですか?〜オンリーワンを伝えよう!〜
面接で、「誰にも負けないこと」を聞かれたら。 前回は、休日出勤について問われた際の受け答えについて、お伝えしました。詳細はこちらをご覧下さ...

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング にほんブログ村

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする