「誰に」話しているかを意識しよう。

シェアする

☟フォローして就活相談(無料)をする。

☟ブログランキング参加中。応援よろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

会話の原則は、「誰に対して話しているか」を意識すること。

最近、様々な手法で、模擬も含めて面接を行っています。
お陰様で、転職者と新卒者の両方の面接を行わせてもらっていますが、どちらにおいても、気になる点が。

それが、相手に合わせているか?
ということ。

コミュニケーションがどうのこうのとよく言われますが、話せれば良いってものでもありません。

スポンサーリンク



就活支援サイトリンク集

気になる就活支援をお選びください。





















今月のピックアップ就活サイトはこれだ!



相手に合わせて、話すことを変えよう。

例えば、転職者の方で専門的・技術的なことをやってきた方との面接では、その専門的な経験について一生懸命話をしてくれることが多いです。

それが、同業種、競合他社であれば、十分に話が盛り上がり、実りある面接になるでしょう。

けれども、異業種、異職種であればどうでしょう?

話が通じず、お互いにとって無意味な時間となることは間違いありません。

相手が話についていけなくなるからです。

特に人事は、現場とは異なる部署になるため、専門的なことを知らないことのほうがほとんどです。

様々な職を経験する総合職であっても、現状などの詳しい部分までは分からないでしょう。

分からないことを長く深く聞くのは億劫です。

相手がどの立場なのかを見極めて、相手に合わせて話をすることはもちろん、

一方的に話すのではなく、相手の聞きたいことに的を絞って話すことが大切です。

相手の質問の意図を汲み取り、的確に答えることを意識することが賢明でしょう。

相手が何を知りたいのか、何を見ているのかは、
会社によりけりといったところもあります。

ここでは、各面接における着眼点を下記の記事のようにまとめていますので、合わせてご覧ください。

一次面接

一次面接を知る~基本的な質問に、印象良く答える!~
一次面接で意識すべきこと。 前回、前々回と、2回に分けて集団面接と個別面接の違いについてお話をしました。詳細はこちらをご覧ください。 ...

最終面接

最終面接を知る。~志望動機を深掘りされる準備は今のうちに!~
最終面接で意識すべきこと。 前回は、一次面接についてお伝えしました。一次面接は、若手社員や人事との顔合わせの場とお考えください。そのため、...

逆質問の際に何を聞けばよいの?

逆質問について、「何を聞けばよいのですか?」
とよく相談されます。

確かに迷いますよね。

ここでもやはり、
「相手は誰か」を考えることが大切です。

人事に専門的、技術的なことを聞くのはお門違いですし、
取締役等役員に福利厚生や現場のことについて質問をするのもまた、違います。

そして、単に質問すればよいという訳でもありません。
意欲を伝えることが何よりも大切です。

この逆質問については、詳しくは以下の記事をご覧ください。
質問例も載せています。

逆質問はPRのラストチャンス!~面接における効果的な逆質問とは~
就活成功のための逆質問 前回は、業界研究の大切さを、面接の観点からお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。 前回のブログ...