スポンサーリンク

志望動機①~相手を知る術=業界研究~

シェアする

志望動機は、業界研究してこそ生まれる

前回は、自分の価値観を知るための方法としてキャリアアンカー理論をご紹介しました。詳細はこちらをご覧ください。

自己分析④~キャリアアンカー~
キャリアアンカー理論で知る、自分の価値観 前回は、志望動機と自己分析に一貫性を持たせることが必要であり、そのためには自分の価値観に問いかける...

さて、今回から志望動機の作るための方法について触れます。

二つのブログランキングに参加中です!ぜひ応援を宜しくお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 ランキング
スポンサーリンク

スポンサーリンク

業界研究は相手を知るためにある。

就職活動において企業と自分自身のマッチングは必須。自分にとってやりがいを持ってずっと働いていたいと思えるか。それを確かめることが、正しい(自分に合う)キャリアを紡ぐ為には必要です。しっかりとマッチングをしましょう。マッチングは、まずは自分で行うことが重要です。自分のことを一番よく知っているのは、自分自身だからです。自分と企業がどの程度合うのか。それを確かめるためには、「自分を知ること」と「相手を知ること」の両方を行ってこそ、初めて確かめることができるのです。「自分を知ること」について、つまり自己分析についてはこちらをご覧ください。

自己分析 | 就職活動成功の法則

今回からは、「相手を知ること」について触れていきます。「相手を知る」=志望動機についてお伝えします。

業界研究ができなければ相手を知ることは不可能

志望動機を描くには、やはりその業界や企業の業務を知る必要があります。その「業務を知る」ために必要なのが、まさに業界研究です。業界研究の方法で、一番手っ取り早いのは、企業を知ることです。業界を知るには、その業界で活躍する企業の動向を知ることから始めましょう。

① 業界のことを大まかに知る。
② 代表企業の株主/投資家向け資料として中長期計画を見る。

① 業界のことを大まかに知る。

業界の構造や動向の全体像を把握しましょう。
・業界の現状は?
・マーケットの規模やその推移は?
・業界での流行り廃りは?
・将来展望は?
・代表的な企業はどこ?その市場シェアはどれくらい?
これらを知ることで業界の成長速度や規模感が分かります。

② 代表企業の株主/投資家向け資料として中長期計画を見る。

代表的な企業の動向も調査しましょう。 ・売り上げは?
・利益は?
・展開している事業は?
・経営戦略は?
代表的企業を調査することで、業界の立ち位置が分かります。

とはいっても、難しそう・・・。そのため、より効率的に、手っ取り早く業界研究する方法を紹介します。

ツールを使って効率的に業界研究。

業界研究ツールを駆使して、多角的に業界分析をしましょう。

① 業界地図の確認

業界研究の初歩的アイテムですね。

③ 説明会やインターンに参加する。OB訪問する。

人事や先輩社員など実際に働いている人の話を聞けます。疑問点は質問することで解消できます。就活生なら絶対に行っておくべきことですね。なお、最近ではOB訪問サイトなど社会人と会えるサイトも増えています。

④ 口コミサイトを見る。

最近では、社員による会社評価を口コミとしてまとめているサイト(Vorkers)もあります。
※ 書いてある内容はあくまで、個人的見解に過ぎません。その点を理解した上で、ご利用ください。

OpenWork 「社員による会社評価」 就職・転職クチコミ(Vorkersはオープンワークへ)
就職・転職前に採用企業のクチコミをリサーチ。OpenWork(オープンワーク)では、「社員・元社員」から独自に収集した「年収・待遇」や「職場環境」の評価・レビューを共有。「組織体制」、「退社理由」など、8カテゴリのクチコミと「給与制度」、8つの評価スコアで採用企業を分析します。

いかがでしょうか? 業界研究の方法をお伝えしました。けれども、業界研究する上での留意点があります。

業界研究をする際の留意点

① 業界は絞らない。

どの業界が向いているかは分かりません。自分にとって掘り出し物的な業界もあり得ます。まずは、興味のない業界も積極的に調査し、消去法で業界選定しましょう。

② 就職の軸から考える。

就職の軸なくして、業界や企業を選定することは、目的・目標がないまま人生を歩むようなもの。人生の彷徨い人にならないために、就職の軸を定めてから業界を考えましょう。

選択肢を幅広く持つことで、納得のいく就活を行いましょう!