長所と短所は表裏一体~どちらも答えられるようになりましょう!~

シェアする

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

更新の通知や、お問い合わせは以下のSNSからも可能です。



長所と短所

これまで、自己PRに多い能力について、いくつか述べました。詳細はこちらをご覧下さい。

就活では、リーダーシップ能力は語らない!~相手に伝えるべきは、その素質~
リーダーシップ リーダーシップ能力。 連日、面接対策やシート添削をして目にしたので、本日はこの能力について触れます。 学生の多くが...
自己PRするべきところが決定的に違う。~行動力と実行力~
行動力と実行力 前回は、学生のPRする能力でけっこう多い、リーダーシップ能力について触れました。 詳細はこちらをご覧ください。 ...
柔軟性は慎重にPR~自己PRするならエピソードで差をつけよう!~
柔軟性 自己PRする能力として、これまでリーダーシップ力や行動力、実行力についてお伝えしました。 詳しくはこちらをご覧下さい。 ...
協調性はチームありき!~多くの価値観が集まる中での自分の役割とは?~
協調性 自己PRに使える能力シリーズ。前回は柔軟性について、触れました。 詳しくはこちらをご覧下さい。 その他リーダーシッ...
チームワーク~大切なのは個々の力を尊重してチームを作り上げたか~
チームワーク 前回は、協調性についてお伝えしました。 詳しくはこちらをご覧下さい。 他にも自己PRで使える能力についてはこ...

さて、先日には短所は思い浮かぶけど、長所が思い浮かばない。どうしたらよい?というような質問をいただきましたので、それについて触れます。

なお、自己PRと長所の違いについても触れております。詳細はこちらをご覧下さい。

自己PRと長所の違い~両方を問われた際の受け答えの方法~
自己PRと長所 前回、前々回と、学生が良く述べる自己PRについて触れました。 詳しくはこちらをご覧下さい。 誰もが...

長所と短所は表裏一体の関係

長所と短所の見つけ方

これは、やはり自己分析をするに越したことはありません。
自己分析の方法については、こちらをご覧下さい。

自己を知る、自己分析①~経験の洗い出し~
自己分析を知る。 あなたは、自己分析していますか? やり方が分からない、うまくできているか不安という方もいらっしゃるのではないでしょうか...
自己分析②~就職営業力と自己分析~
就職活動は営業活動なり 前回は自己分析とは何たるかということについて触れました。詳細はこちらをご覧ください。 自己分析は経験...
自己分析③~価値観と業界・企業を照らし合わせる~
自分の価値観を、業界や企業に照らし合わせる 自己分析は経験が大事。前回はそんなことをお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。 ...
自己分析④~キャリアアンカー~
キャリアアンカー理論で知る、自分の価値観 前回は、志望動機と自己分析に一貫性を持たせることが必要であり、そのためには自分の価値観に問いかけ...
就職営業力③(2)~自己分析に思い込みは禁物~
自己分析の敵は思い込み 昨日のブログでは、 ・大した経験をしなくてよいこと ・行動を細分化すること についてお伝えしました。 詳細...
就職営業力③~経験の洗い出しは、行動を細分化して~
自己分析のやり方 昨日まで、就職営業力①、②について触れました。 ① 商品の品質向上に努めること。 =学力 ② 商品の取扱説明書を書け...
就職営業力③(3)~自己分析を深めるコツは「なぜ?」~
自己分析のコツ 自己分析は、過去の経験を振り返ること。 そんなことをお伝えしてきました。 昨日お話ししたように、些細な事で...

手っ取り早く見つけるには、先日紹介したマインドマップを使うのもありです。詳細はこちらをご覧下さい。

自己分析ができないなら、しなくてよい~効果的な自己分析を~
できない自己分析はしない 前回は、自己PRと長所の違いについて触れました。 一見同じに見えて、実は違う、この二つ。 企業が何を知りたく...

自己分析で、最低限考えてほしいことは、

好きなコト、モノ、ヒト

嫌いなコト、モノ、ヒト

得意なコト、モノ

苦手なコト、モノ

これらを考えてみましょう。
その際、理由も必ず考えてください
この内容も大事ですが、もっとも重要なことは、「理由」です。
どんなところが好きなのか、なぜ好きなのか、を考えることで、本質的な人柄にたどり着きます。

続いて、考えられる性格・能力に順位付けをしましょう。
一位のものがもっともPRできる長所または自己PRになります。

さらに、自分の嫌いな部分をリストアップしましょう。その中で、自分の理想像と照らし合わせて、これを改善できればなぁというものをピックアップします。

それが短所になります。

長所も短所も見方が違うだけ

これまで就職支援に携わっている中で、毎年必ず学生の方から相談されるのが、
どちらか一方は思い浮かぶけど、もう一方が分からないという相談です。
特に、短所は思い浮かぶけど長所が分からない・・・という方が多いです。

長所と短所は表裏一体です。
そのため、長所(短所)の裏返しを考えてみると、一方からもう一方を導き出すことが可能です。

また、面接に慣れている面接官であれば、痛いところをついて質問してくる面接官もいます。
例えば、
「責任感が強いってことは、なんでもかんでも抱え込みやすいんじゃない?ストレスとか感じない?」
みたいな感じです。

長所の裏返しを知っておけば、このような時にスムーズな受け答えも可能になります。
下記に置き換え表を載せておきます。ぜひ参考にしてください。

長所短所
リーダーシップ我が強い
協調性八方美人
柔軟性あきっぽい
行動力計画性がない
調整力仕切りたがり
積極性自己主張が強い
主体性独断的
忍耐力強情
持続力しつこい
多角的な視点天の邪鬼
責任感抱え込みやすい
ポジティブのんき
計画性心配性
几帳面神経質
論理的理屈っぽい
芯があるわがまま

経験を述べる

長所に挙げる理由はもちろんのこと、短所に挙げる理由も聞かれることがあります。
「なぜそれを短所と感じるのか?」というような質問ですね。
また、短所に関しては、
「どのようにその短所を補いたいと思うのか」ということも聞かれます。
この時に、大切なのが、将来の自己像を思い浮かべながら話すことです。
将来どのような人間になりたくて、それになるには、何が足りないと感じているのか、そんな目線で話ができると良いです。

ちなみに、面接官のなかには、「短所をどのように改善しようと考えているか」と聞いてくる人もいますが、個人的には、この質問はナンセンスだなと感じます。改善できないからこそ短所ですものね。

上述で、「自分の理想像と照らし合わせて、これを改善できればなぁというものをピックアップ」とお伝えしましたが、「それじゃいつまで経っても理想に近づけないじゃん」と感じたあなた!正解です。なかなか近づけないからこそ、「理想」なのです。

改善はできなくても、別の能力で補うことはできます。どのように補いたいかを考えましょう。

いかがでしたでしょうか?
長所は短所にもなり、短所は長所にもなります。少しプラス思考ぎみ考えてみると見えない長所が見えてくるのではないでしょうか?
自己分析にぜひ長所短所の言い換えをしてみましょう。

スポンサーリンク