自分にフィルターかけても、何も生み出せない

☟シェアする

☟フォローして就活相談(無料)をする。

自分の経験は使えない?無駄なフィルターは除こう。

まだまだ就活の慣習としてある、自己分析。

これって結局、自分で分析するわけだから、どうしてもフィルターがかかる。

大したことやってないって?
特殊な経験をしている人を目の当たりにすると、
「すごい!」
「自分にはできない。」
「だから、PRできるものは何もない。」

他人は他人、自分は自分だぞ!

能動的に動けるかどうかが大切。

フィルターを自分自身にかけなくても構いません。
自分にフィルターをかけてしまったら、見えてくるものも見えないですよ。

だからこそ、経験の一つ一つを紐解くのがキャリアカウンセラーである私の役目でもあるけれど。

フィルターがかかっていると、身動きが取れなくなるだけです。

身動きが取れなくなれば、PRなんて何も生まれない。
でもね、下記の記事でも伝えているように、
何が良い経験か、どんな経験が響くかは、その話を聞く相手次第

特に何も経験していない?んなこたない!
特に何もしていないという謙遜は、自分を苦しめるだけ。 前回は、就活は実践の積み重ねが必要とお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。 ...

そりゃ、他にないような経験をしていれば、採用側の目を引くことは間違いない。

けれども、その経験から得たことや学びが薄ければ、げんなりすることも間違いない。

採用者は、経験そのものよりも、あなたの人間性の方が知りたいことなのです。

だからこそ、その経験の感情や意志、学びや得たことを伝えることが求められる。

以下の記事でもお伝えしているように、
些細な経験であっても
能動的に動ける人間か、
どんなときに能動的になるのか
そこから、あなたの適性を探っているんだよ。

強い経験と弱い経験~違いは、能動的かどうか~
経験に違いはあるか どんな経験をしたらよいか インターンシップに参加するべきか そんな質問が最近本当に多い。 特に夏のインターン...

フィルターを外して、些細なことでも何でもいいから経験を洗い出してみよう。

以下を参考に、経験日記を書くべし!

就職営業力③~経験の洗い出しは、行動を細分化して~
自己分析のやり方 昨日まで、就職営業力①、②について触れました。 ① 商品の品質向上に努めること。 =学力 ② 商品の取扱説明書を書け...
スポンサーリンク