数ある能力の中から、「一番」をピックアップ!あとは付随的に伝えよう!

☟シェアする

☟フォローして就活相談(無料)をする。



☟ブログランキング参加中。応援よろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ



一番に伝えたいことと付随的に伝えたいことを区別しよう。

ES添削や面接対策などをしていて、
最近感じることがあるのでこちらで共有します。

それは、複数の能力の伝え方について。

2、3個の能力を伝えて、
一生懸命にPRしようとする方が多く
見受けられます。

PRしようとするその前向きさは評価できるものの、
あれもこれもとPRするのは禁物です。

なぜなら、
能力を示すための根拠(エピソード)が浅く
信ぴょう性に欠けるためです。

そのため、
PRしたい能力は一つに絞ること。
そして、
その他にも伝えたい能力がある場合は、
PRしたい能力のエピソードの中に
付随的に盛り込むこと
です。

オーソドックスな盛り込み方は、
「この経験から臨機応変さの大切さを学びました。」
のように、
学びや得たことの中で伝えることです。

他にも、
直接能力を伝えなくても、
エピソードから感じさせることも可能です。

例えば、以前に書いた記事から
抜粋してみましょう。

コミュニケーション能力は、
直接伝えずともエピソードで対人関係についての
エピソードを話せば、PRが可能です。

就職営業力④~面接の基本は「対話」~
自分を正しく説明できるか 前回まで、就職営業力①~③について触れました。 それぞれ、以下のことについてです。 就職営業力① 商...

この他にも、
リーダーシップ能力も同様です。

リーダーの経験がなくとも
チームの中で主体的に行動した経験を話すことで、
将来的なリーダーとしての資質を示せばよいのです。

就活では、リーダーシップ能力は語らない!~相手に伝えるべきは、その素質~
リーダーシップ リーダーシップ能力。 連日、面接対策やシート添削をして目にしたので、本日はこの能力について触れます。 学生の多くが...
リーダーシップを発揮した経験はありますか?〜あなたなりの定義と行動が大切!〜
リーダーシップを発揮した経験を聞かれたら? 前回は、組織の理念やビジョンを聞かれた際の受け答えについて、お伝えしました。詳細はこちらをご覧...

これらの例にあるように、
エピソードを通して自身の意味や特性を伝えること
が重要です。

エピソードとは
つまりは自分の経験のこと。
様々な経験をすることで、
いろいろな自分を見出すことが大切
という裏付けでもあります。

あなたにとって、
何を一番能力として伝えたいのか
付随的に伝えたい能力はなにか
これらを整理することで、
採用者に的確適切にPRしましょう。

スポンサーリンク