自己分析は、「自分だったらどうするか?」を考える。

☟シェアする

☟フォローして就活相談(無料)をする。



☟ブログランキング参加中。応援よろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

日常の出来事から自分を知ろう。

自己分析は本当にいろんな考え方、方法があります。

自分はどういう人間だっけ?と振り返る作業なので、別にその方法はどんなものでも良いのです。

何か取っ掛かりが掴めればよいのだから。

人物試験は、面接でもグループディスカッションでも、自分の意見を否が応でも話さなければなりません。

そのためにもまずは、

自分の意見を持つこと

これが必要です。以下の記事も参考までにご覧ください。

就職活動は、自分の意見を言う場。〜自分と相手のバランスも取ろう。〜
「自分の意見を言えない」のはもったいない! 前回は、「ラク」は価値観の充実度からくる言葉とお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。 ...

就活支援サイトリンク集

気になる就活支援をお選びください。





















自分はどうしたいの?を考える。

新聞やニュースを見て、それに対する自分の考えや意見を持つこと。

上記の記事ではそんなことをお伝えしていますが、
意見を持つことは、普段の生活でも十分にできます。

以下のようなことを思い返してみましょう。
「こんなとき、自分はどう行動していたかな?」

「こんなとき、自分は何を考え(感じ)ていたかな?」

これらを考えることで、自分の意見や考えを整理し、自分がどんな人間かを見出しやすくなります。これが自己分析になります。

そして、やはり「なぜ?」も意識することです。

なぜ、その行動をしたのか?
なぜ、そう考えたのか?

そこにあなたの価値観が眠っています。

そして、それをぜひ人に話すこと

面接で話すための訓練です。

物事にルールはあれど正解はないため、間違っていると感じる必要はありません。自信を持って人に話をしてみましょう。

人はなんの意志、考えもなしに行動はしません。必ず何かの意志の基、行動します。

人から言われてやってるだけで意志がない?

いえ、そんなことはありません。

怒られたくないからやるのか、褒められたいからやるのか。そのどちらの理由にも、あなたの個性が隠れています。

日常の中のどんな出来事でも構いません。

「自分だったら、どうする?」をぜひ考えて、自己分析を深めましょう

スポンサーリンク