就活準備は100点を目指さない。〜積み重ねが大切。〜

SNSフォローボタン

👇フォローして就活相談(無料)をする

求職支援サービスのお申込みをご希望の方は、以下よりお申し込みください。
週額500円~のES添削はこちら

1回2,000円~の面接指導はこちら

1回3,000円の数的処理対策はこちら

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ



仮説と検証を繰り返して効率的に就活を。

前回は、合同説明会に参加しようとお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。

合説は積極的に参加すべし!〜あなたの行動見られてますよ!〜
合説の極意。 前回は、行動の細分化について、お伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。 さて、先日は合同説明会に参加をしま...

さて、就活においても、仕事においても、パーフェクトなんて考えたらキリがない。今回はそんな話を。

完璧は求めない。

就活生や社会人関係なく、何事にも完璧を求める、そんな方をたまにお見受けします。

疲れないかな?

私も実はなるべく100点を目指そうとするタイプでした。

ただ、最近はその考えをしないようにしています。そう考えることで気持ちに余裕がなくなり、辛くなることもある為です。

10点を積み重ねる。

就活においても、エントリーシートの内容を完璧に、面接の受け答えを完璧にしようと考える方がいます。

何が向いているのか、慎重に慎重を重ねて考える方もいる。

確かに、不安もあることでしょう。なるべく死角をなくしたい。

ただ、どんなに完璧を求めても、エントリーシートや面接に答えはありません。業界だって何が向いているかは見てみないと分からない。

そこにあるのは、あなたが何を伝えたいか何をしたいと考えるかという、あなたの想いや価値観だけ。

何が正しいなどの正解はない

正解を求めるといつまでも完成に近づかない。そうすると、例えばエントリーシートに時間がかかり過ぎて、一向に面接練習に移れないなど非効率になり得る。業界をあれもこれも知ろうとして、いつの間にやらエントリー期間を過ぎる。

完璧にやろうとするとキリがない

仕事においても同様です。完璧を求めるあまり、非効率になり仕事のスケジュールに遅れが生じることもある。

そうならない為に、必要なのが仮説と検証の繰り返しです。就活でいえば、実践と検証(トライアンドエラー)といえるでしょうか。

トライアンドエラーについては、こちらをご覧ください。

就活ではトライアンドエラーが大切!〜実践を繰り返して改善していこう。〜
トライアンドエラーで実践からの学びを自身の就活に反映しよう。 前回は、この3月に就活としてやるべきことをお伝えしました。詳細はこちらをご覧...

問題点ややるべきことに対して、検証しそれに対して仮説を立てて実行し、また検証する。そしてそれを繰り返して、完成に近づける。

何をPRするべきか仮設を立ててエピソードを洗い出し、第三者に見せることで、適したエピソードかを検証し、それを繰り返す。

まずは仮説を立てて業界や組織を探し、自分の得意不得意や興味の有無に照らし合わせて検証し、それを繰り返す。

最初から100点を目指すのではなく、10点を作ってそれを繰り返して60点くらいを目指すことで効率化を図りましょう

そして、就活においては、100点に足りない分は説明会や面接で補えばよいのです。補えるのがこういったツールの良いところ。

いかがでしょうか?
仮説と検証の繰り返しは、仕事においては本質を見抜くためのツール。就活においては適したPRをするためのツールとなります。

就活や日常に取り入れましょう。

スポンサーリンク