スポンサーリンク

就職活動は自分との戦い。されど、一人で戦うべからず。〜つながりは比較のためにあるのではない。〜

シェアする

就活は過去の自分と比較して情報をモノにせよ!

前回は、聞かれたら答えるでは済まさないということをお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。

聞かれたら答える。なら、聞かれなかったらどうすんだ!?〜能動的な受け答えを。〜
聞かれたら答えるなんて消極性はアピールにつながらない。 前回は、就活する上でデメリットばかりを考えないことをお伝えしました。詳細はこちらを...

さて、就活生との話の中でよく話題になるのが、「周りはどうなのか」というもの。

人の心理として、やはり気になりますよね。。。

二つのブログランキングに参加中です!ぜひ応援を宜しくお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 ランキング
スポンサーリンク

スポンサーリンク

他人はどうかよりも自分はどうか。

自分以外の人が今どういう状況なのか、自分は今どの位置にいるのか。

「周りに比べてどうなのか。」

私がよくお伝えするのが、相手との比較はしないことです。

就職活動は自分との戦い。されど、一人で戦うべからず。

就活に限らず言えることですが、他人との比較はあまり意味をなさない。

それは、自分と他人との境遇は似ても似つかないから。

生まれ育った環境が違うのですから、その立っているスタートも、向かうべきゴールも、その道中も、全く異なります。

そんな相手と比較したところで参考にはなりません。

大切なのは、同じ境遇、同じ経験をしてきた過去の自分との比較です。

過去の自分に対して勝っているところが必ずあります。それが、現在培っている経験であり成長です。

今経験していることは、過去には経験していなかったこと。その経験の差の分だけ、過去よりも成長しています。

その過去との差から、成長を感じましょう

就職活動は、まさに過去の自分との戦い。過去の自分を正しく理解(自己分析)し、過去の自分を乗り越え(選考結果の振り返り)なければ、自分を認めてくれる組織とも巡り会えません

比較するなら過去の自分と。

ただし、過去の自分と比較するといえど、就活は一人で行うものではありません。

自己分析も振り返りも、面接練習も、友人など他人と行うことで客観視ができます。

自分に足りないものを他人から得ましょう

そして、環境が異なる相手と唯一比較できるのが、情報量です。情報の多さは人それぞれ多少があります。

だからこそ、自分の情報の足りない部分を相手から仕入れ補完すること。

先輩や我々キャリアカウンセラーとの縦のつながりだけでなく、友達との横のつながりも大切です。

いかがでしょうか?
つながりは比較のためにあるのではありません。情報交換・共有のためにあります。相互補完で就活を進めましょう。