就職の軸は具体的に。

シェアする

☟フォローして就活相談(無料)をする。

☟ブログランキング参加中。応援よろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

就職の軸を明確に。

就職の軸。
あなたはどのような軸を持っていますか?

人によって様々な回答があるでしょう。
中でも多い回答が以下です。

「成長できる組織で仕事したい」
「高い給料を得たい」
「人と接したい」

これらはどれも就職の軸の1つかもしれませんが、パーフェクトなものかと問われれば、不足感ありです。

成長できるとは?
高い給料とは?
人と接するとは?

そもそも成長できない組織ならば、そんな組織はとっくに潰れているでしょう。

そもそも高い給料の定義が不明確ですし、給料は能力等に見合ったものであるべきですので、能力を示さずに給料だけを求めるのはお門違いでしょう。

そもそも人と接しなければビジネスは成り立ちません。

就職の軸と言うには、抽象的過ぎるのです。

スポンサーリンク



就活支援サイトリンク集

気になる就活支援をお選びください。





















今月のピックアップ就活サイトはこれだ!



抽象化から具体化へ。そしてなぜを深める。

就職して実現したいことを実現させるため、将来なりたい自己像をより確実なものにするための基となるもの

それが就職の軸。

将来目的の実現のための目標が就職の軸と言っても良いでしょう。

それを叶えるための活動が就職活動です。

そのため、その目標である就職の軸は具体的であるべきでしょう。

例えば、人と接するとは何を指すのか。
・直接的か間接的か。
・程度はどの程度か(メイン業務かサブ業務か)。
・どのような人を中心に接したいのか。
・どのように接したいのか。

抽象化を具体化させることで、軸が明確になり、論理的な説明もしやすくなります

そして、やはり重要なのは、なぜそう考えるのかということです。

なぜ人と接したいのか。

接客業1つとっても、お客様のサポートをすることに生き甲斐を感じる人もいれば、同僚や上司のサポートをすることに生き甲斐を感じる人もいます。

直接お客様に接したいと感じる人もいれば、直接お客様に接するのは合わないと感じる人もいる。

それは、なぜか?

その「なぜ?」の理由の部分にあなたの個性を示す
「あなたらしさ」が隠れています
。それが軸を形成する確かな一つとなりますよ。