就活に学歴は関係あるのか?〜学歴フィルターを取っ払え!〜

☟シェアする

☟フォローして就活相談(無料)をする。



☟ブログランキング参加中。応援よろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

学歴に捕らわれない、あなたの信念を伝えよう。

前回は、志望動機に他人目線を取り入れることをお伝えしました。詳細はこちらをご覧下さい。

志望動機は想いだけが独り歩きしないように!〜市場調査も欠かさずに。〜
志望動機を考えるために他人目線をプラスしよう。 前回は、志望動機と自己分析はリンクをさせて答えようとお伝えしました。詳細はこちらをご覧くだ...

さて、企業の選定は皆さんできていますか?以前、「大学の先輩が働いている会社は就職しやすいのか?」という質問をいただきましたので、それについて。

就活支援サイトリンク集

気になる就活支援をお選びください。























学歴フィルターという固定観念は未だに健在。

上記の質問において、話題に上がるのが学歴フィルター。これは、ある一部分の企業では、未だに健在です。

なぜ学歴フィルターは設けられるのか。

学歴フィルターの原因の一つとして、一言で言えば、役員の偏見があります。これは未だに残っている組織が多い。このような偏見は、学歴が企業イメージに関わるという考えから生まれます。

高学歴は優秀であるという固定観念が、ご年配の方になればなるほど、あるのは事実です。

この学歴フィルターを設けている組織は、大手ほど多いように感じます。ただ、昨今は就活生が売り手市場で、どの組織も人材獲得に精を出していることから、学歴云々といってられない企業が多く、この学歴フィルターは薄れてきているというのが現状でもあります。

学歴や大学名に捕らわれない採用の増加。

上述のように学歴云々で採用しない企業が増えています。そのため、学歴コンプレックスを持つ必要もなく、同じ大学の卒業生が多いところを探す必要もないでしょう。

私の支援した学生の中にも、名の知れた国立大学の卒業生ばかりが名を連ねるコンサルティング会社に、偏差値的には到底及ばない大学の就活生が受かったという例をいくつも知っています。学歴に問わず優秀な人財として認められている方は多くいます。

そして、キャリアカウンセリングをしていて感じる彼らの共通点は、自分を持っているということです。自分のビジョンをイメージし、自分の考えをはっきりと伝えられる。こういった方は、どのような企業からも好かれているように見受けられます。

逆を言えば、高学歴でもなかなか採用が決まらないという方もいる。これは、世の中の流れが人物重視採用となっていることの表れでしょう。

公務員試験においても、国公立大学出身しか取らないとかねてよりいわれていた国家総合職が、私立出身も取るようになりました。

以上のことからも、学歴や出身校の先輩の数を気にするより、自分をいかに伝えるかいかに強い信念で就活に臨むかのほうが大切といえるでしょう。

いかがでしょうか?
学歴社会なんてもう古い。学歴に捕らわれず、ポテンシャルの高い学生は多くいます。

自分の過去と未来をしっかりとアピールして、ポテンシャルの高さを組織に伝えましょう。

スポンサーリンク