スポンサーリンク

何を経験し、何を伝えたいか。〜経験が物語るは、あなたの生き様。〜

シェアする

あなたは、日常において、そして就活において何を経験したいのか?

前回は、就活を夢を持って語ろうとお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。

就活は夢を語る場。〜研究を重ねて夢を膨らまそう。〜
夢を持って就活をしよう。 前回は、就活を楽しむコツとして、人に会うことと挑戦心に触れました。詳細は以下をご覧ください。 さて...

さて、最近感じるのが、人によって感じ方は全く異なるということ。

二つのブログランキングに参加中です!ぜひ応援を宜しくお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 ランキング
スポンサーリンク

スポンサーリンク

結局のところ、経験が全てって話。

学生の方は、これまで何かを教わってきた。教わることに慣れ、そこには必ず答えがあった。

けれども、社会人は違う。答えは人それぞれ異なる。

根底には経験がある。

社会人になれば、いろいろな杓子定規で扱う。
それは間違いない。

人はすべて自分のものさしで人を見定める。

就活だってそう。例えば、面接が分かりやすい例だ。
自分の経験したことを踏まえ、会社の採用ルールに則り、就活生を見定める。
自分たちの定規で計れるかどうかを見ている。

自分たちの定規で計れなければ、合わないことを意味する。

これまで自分が経験したことこそがすべて。どんな人も自分の経験の中に答えを作る。
それに合うか合わないかという基準で、就活生を見る。

だからこそ、面接官によって感じ方が違って当たり前
同じ会社でも経験したことが違えば、感じることも違う。感じることが違えば面接の印象さえも違う。
それが、面接の実態でもある。

どのような人にも、その人なりの経験が必ず根底にあるってことだ。

結局、恋愛と一緒。違うのは、合わないからすぐに別れるってことができない。
だからこそ、就活って、就活生の立場からも採用者の立場からも大変なんだろう。

経験といえば。
新卒者は、未経験からでも経験をさせてくれる。

けれども、経験を積めば積むほど、経験させてもらえる機会は減っていく。むしろ、自分のこれまでの経験の中でできることを求められる。

そして、いかに自分から経験を勝ち取るかということも大切だ。待ってるだけじゃ経験なんて向こうから歩いてきてくれない。

こっちは経験してるからいいけど、あっちは経験していないからやらせられない。なんて言われることが出てくる。

経験しないと成長すらもないのに。そんなジレンマが年を重ねるごとにどんどんどんどん強くなる。
経験がモノを言う世界。いや、経験に縛られている世界。
それが社会だ。

何をするにも、経験が大事ってこと。
あなたなら、どんな経験を望みますか?