就職活動は、自分の意見を言う場。〜自分と相手のバランスも取ろう。〜

シェアする

☟フォローして就活相談(無料)をする。

☟ブログランキング参加中。応援よろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

「自分の意見を言えない」のはもったいない!

前回は、「ラク」は価値観の充実度からくる言葉とお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。

「ラク」は価値観の充実度からくる言葉。〜自己分析で価値観を掘り起こそう。〜
あなたにとっての「ラク」を知る。 前回は、組織人と仕事人という2つの価値観についてお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。 ...

さて、あなたは自分の意見をしっかりと相手に伝えられますか?

スポンサーリンク



コロナに負けるな!【就活応援特別価格】

【2020年5月31日】まで、特別価格で回数無制限!追加料金一切なし!
・ES添削支援 1,000円
・WEB模擬面接支援 2,000円
詳細はこちらの画像をタップまたはクリック!

意見は議論の幅を広げるためのもの。

就活は、案外自分の意見を言う場が多いです。

面接にグループディスカッション、グループワーク、そしてプレゼンテーション。

筆記も大切ですが、実際に合否が決定するのは自分の意見を言う場。

就活生のあなたに求められるのは、自分の意見を持つこととそれを的確適切に伝えられることです。

正しい意見なんてない。自分と相手の意見のバランスを取ろう。

面接やグループディスカッションなどで、自分の意見が言えない方が結構多くいらっしゃいます。

「自分の意見が言えない」ことについて、やはり教育が関わっています。

小、中、高、そして大学と、「○✕」で教わっていませんか?

物事に対して正しいか正しくないかの二択で考えることを癖付けられているのではないでしょうか?

これにより、「もし間違っていたら」という疑念が自分の中に生まれてしまい、何も言えなくなる。

講座の中でも、「質問はありますか?」という問に対して「シーン…(ヴィーン(空調の音))。」みたいなことはよくあることです。

その割に講座後に質問にたくさん来る。「変な質問」とか、「それは違う」「空気が読めないやつだ」と思われたくない。そんな心理からでしょう。

けれども、ビジネスの世界において、意見を言うことで、議論の幅が広がることは往々にしてあります。

異なる視点からサービスの改善につながることは往々にしてある。

意見するのは悪いことではないのです。あなたなりの意見を持つことからまずは始めてみましょう。

そのためにも、以下の記事のように時事に注目をして見ると良いです。

就活するなら新聞やニュースを読もう!〜時事ネタであなたの価値観を知る。〜
時事対策で意見を持つ訓練を! 前回は、効率的に就活をするための、その方法として自己分析よりも業界研究に重点を置くことをお伝えしました。詳細...

ただし、気をつけたいのは、否定をしないこと。

意見するというのは、自分の意見を押し通すことではありません。

育った環境が違えば意見も違うということを受け入れ、互いの折衷点を見つけ双方に納得感を持たせる。

自分と相手の意見のバランスを取ることが大切です。

あなたの常識は相手の非常識であることを念頭に、相手に受容し共感を持ちましょう

その練習として、グループディスカッションの経験をオススメします。

グループディスカッションのポイントとは?~全体を俯瞰する!~
グループディスカッションを知る。 前回は、説明会の種類について、お伝えしました。年明け、すぐに合同説明会等がありますので、ぜひ参加しましょ...

いかがでしょうか?
意見すること自体は間違いではありません。意見を持つことを諦めないで。

自分の意見を言わずに、流されたままであるのはなんとももったいないです。