他と同質化しないために、あなたらしさを見つけよう。〜個性を大切に。〜

☟シェアする

☟フォローして就活相談(無料)をする。



☟ブログランキング参加中。応援よろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

あなたの個性を認めてくれる組織に出会おう。

前回は、周りを気にするのではなく、あなたのために就活をしてほしいということをお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。

就活天の邪鬼に。〜周りに惑わされず、自分らしくいることが大切〜
就活をしないという勇気があっても良い。 前回は、エントリーシートやプレゼン面接に必要な発想力についてお伝えしました。詳細はこちらをご覧くだ...

さて、とある組織が「顔採用」をはじめましたね。容姿端麗な人を選ぶのではなく、「自分らしい見せ方で自分を語ってほしい」という意味を込めての採用とのこと。

これには賛同します。あとは、その組織を受ける就活生がどう出るか、ですね。

就活支援サイトリンク集

気になる就活支援をお選びください。























自分らしくを念頭に。固定観念は捨てて。

上述の会社は化粧品会社。それゆえに、面接では自分らしいメイクできてほしいという意味を、「顔採用」という言葉に込めたのだとか。

確かに就活の問題点は、凝り固まった大人たちが学生に強いた就活生の同質化にあると感じます。

個性は同質化できないもの。

髪は黒で服装も同じ、女性の場合は同じようなメイク。同じようなカバンを持って、同じようなエピソードを携えて面接が行われる。

私服OKを銘打ってる組織でもジーンズは不可であるケースが多い。それなら、ビジネスカジュアルと言えば良いものを、なぜわざわざ私服OKと歌うのか。学生のマナーを推し量るため…一理あるが、なんか違うよな。

まるで個性がないように感じます。個性を殺しているにも関わらず、面接では個性を求めている。本末転倒やん。。。

今後、就活の固定観念を打ち破る組織が増えることを切に願いながらも、文句ばかり言っても仕方がないので、就活生のあなたに伝えたいことは次のことです。

それは、面接で「あなたなりの」行動や想いを伝えることです。同質化された就活において、就活生のあなたができることはこれでしょう。

どのような想いで何をしたかは、三者三様です。そこに個性を見出して、就活に臨みましょう

あなたなりの行動の洗い出しについては、こちらをご覧ください。

面接の自己分析系の質問は、行動の細分化で対応しよう!〜エピソードの幅を広げる。〜
面接で話す自己分析系の経験談は、行動の細分化で対応すること。 前回は、学歴フィルターについてお伝えしました。詳細はこちらをご覧下さい。 ...

想いの大切さについては、こちらをご覧ください。

志望動機にはあなたの想いを乗せよう!〜面接は組織の知識を言う場ではない。〜
あなたの想いと、その志望動機に一貫性はあるか。 前回は、就活の本質について、お伝えしました。詳細はこちらをご覧下さい。 面接...

就活には、こうあるべきというものは本来存在しません。ましてや、多様化している現代においては、様々な選択肢、様々な就活手法があって然るべき。

「こうしなきゃいけない」なんていう固定観念は捨て、自分をフルに活かした就活をしましょう

いかがでしょうか?
あなたがどのような想いでどのような行動をしたのか。そこに眠るあなたの価値観を掘り起こしましょう。

スポンサーリンク