就活版oodaループで戦略的に!〜ビジネスツールを知る。〜

☟シェアする

☟フォローして就活相談(無料)をする。

OODAループで就活を戦略的に。

前回は、新卒の壁についてお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。

新卒の壁は成長への分岐点。〜今のうちから多くの困難を経験しよう。〜
社会人としての成長は、壁を乗り越えてこそある。 前回は、ワークライフバランスについて改めてお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。 ...

さて、ビジネスメソッドとして有名なPDCA。これに取って代わる新たなメソッドがあります。

それが、ooda(ウーダ)ループ。今回はこの考え方に基づいて、就活を考えてみます。

OODAループとは。

朝鮮戦争のときに、アメリカ空軍のジョン・ボイド大佐が提唱した理論とのこと。

Observe(観察)
意思決定者自身が相手をよく観察し、外部状況に関する生のデータの収集をし、相手の出方を伺う。

Orient(状況判断)
観察し得たデータを基に情勢を認識・判断し、方向付けをする。

Decide(意思決定)
認識・判断した状況に対して、どのような計画を実行していくかを決定する。

Act(実行)
意思決定段階で決定した計画を実行する。

ここで大切になるのが、一度実行して終わりではなく、調整しながらこのループを何度も繰り返すこと

これが、OODAループです。

OODAループを就活に活かす。

このOODAループを就活に活かすためには、

まず相手(採用組織)に関するデータを説明会やOB訪問を通して収集し、

それを基に、その組織で求められる人材は何かを認識・判断し、

どのような自分をPRすることが望ましいかを計画し、

エントリーシートや面接に反映して実際にPRする。

そして、それを採用選考の各フェーズ(筆記、一次面接、最終面接など)毎に繰り返す。

さらにいえば、業界全体としてもいえます。

同じ業界でも組織AでまずOODAを基に実行し、そこから得た改善を素に組織Bで実行し、そこで得た改善更に違う組織に活かす。

業界や組織に捕われず、説明会やOB訪問、エントリーシート、筆記、面接など様々なフェーズでも、OODAループは使えるでしょう。

OODAループは、戦場や仕事にのみならず、就活にも十分活かせます。

むしろ、就活をしている時点で社会に片足を突っ込んでいると考えれば、今からビジネスツールの考えを自身に活用するのも、社会人に近づくためにはアリなのかもしれませんね。

いかがでしょうか?
PDCAが自分で計画することから始まるのに対し、OODAループは相手を観察することから始まります

PDCAは計画するための準備が必要となる一方、OODAループは相手を観察しそれに合わせて臨機応変な対応ができます

この意味で、OODAループは現場感覚の強いビジネスツール。

就活という現場に是非取り入れましょう。

他のツールとしては、以下をご紹介しています。

PDCA:

就活生の面接トーク術~PDCAを回す!~
失敗は成功の基 能動的な行動、言動を。 昨日はそんな、経験の中身について触れました。 就職活動において、経験が重要。 私...

4P・4C:

就活の4P・4C戦略~あなたが立てる就活マーケティング戦略とは。~
就活の4P・4C戦略で戦略的な就活を。 前回は、面接において気になるニュースを聞かれた際の考え方や答え方について、お伝えしました。詳細はこ...
スポンサーリンク