変化にどう対応するか、自己分析してみよう。

☟シェアする

☟フォローして就活相談(無料)をする。



☟ブログランキング参加中。応援よろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ



変化にどんな立場でどのように対応するか。

新生活様式が発表されましたね。
一見、以前と変わらずとなりました。

「新しい生活様式」とは 専門家会議が具体例示す 新型コロナ | NHKニュース
【NHK】新型コロナウイルスの対策について話し合う政府の専門家会議が4日、新たな提言を出し、新たに確認される感染者数は着実に減少に…

あとはどう行動するか
そして、皆でどう立て直すか

経済の立て直しや変化は大掛かりになる。
1つの変化が、
四方八方に影響することになります。

例えば、飲食店によるデリバリーが
今後益々広がる可能性があるが、
現状、法律違反となるケースも存在しているという。

至極簡単に言えば、デリバリーの場合、
おかずとご飯が一セットとなった
お弁当でなければならず
単品メニューは法律違反
(別の法律の適用)になるのだとか。

このコロナで誰もが逼迫した状況の中、
法律違反だとか言ってはいられない。

デリバリーが広がるなら、
制度システムの簡素化や
場合により法律改正、特例法も
視野に入れる必要もある。

こんな具合に、
何かを新しく変化させるには
法律も含め
付随するものも変えていく
必要があります。

何か一つが変われば、
他のものも変わることになる。

経済を支える産業においても
一見、無関係のものでも、
実は関連しているのです

産業連携については、
以下の産業連関表を参考にしてみてください。

総務省|産業連関表|平成27年(2015年)産業連関表(−総合解説編−)

では、ここであなたに問いたい。

変化の先頭を切るのが民間で、
変化の調整をするのが公務員

では、あなたはどちらの立ち位置になりたい?

そして、新しい生活様式は、
いわば新しい常識、ルール
と捉えてもよい。

その常識やルールを
どのように自分に落とし込むか

上に習えば、
常識を新たに作りたいか
常識に則って行動する側でいたいか

こういった社会情勢も
自己分析に応用して
自分に落とし込みましょう

スポンサーリンク