二次募集の魔力。〜切羽詰まってもやるべきことはやる!〜

シェアする

更新の通知や、お問い合わせは以下のSNSからも可能です。



二次募集は受かりやすい?でも。。。

前回は、イメージだけで業界や組織を選定しないことをお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。

あなたのそのイメージ。思ってたんと、ちゃう?〜業界や組織の正しい選定を。〜
そのイメージ、本当に正しいですか? 前回は、面接で話すときのエピソードなど、話を大きくしないでということをお伝えしました。詳細はこちらをご...

さて、面接カードが適当=人間性が適当に思われる、なのに内定が出る矛盾。どんな世の中なのよ?と感じてしまいます。

準備を怠れば、後々自分に跳ね返ってくる。

以前、こんな就活生の対応をしました。

二次募集中のとある組織の面接シートを持参してきたとある就活生。

摩訶不思議。二次募集の魔力?

本番の提出用シートを1枚持ってきた。

その面接シートはくしゃくしゃ。破れてる箇所も。枠から字がはみ出し、殴り書き。そしてすでに清書済み。

どうやら、提出期限も迫り、急いで書いた様子。

そして、これで「提出します」と見せに来た。

えっと、言いたいことは山ほどあるけど。。。
私はどうしたら?どうコメントすればいい?

ただただ呆然と、うん、そうか。と言うしかない。

私の対応力が試されている。

よし、まずは面接練習しよう。

志望動機は?

。。。

何をやりたいの?

。。。

長所と短所は?

。。。
短所は人と話すのが苦手です。

1時間という特別枠の時間が、

さらに1時間、2時間と増えていく。沈黙も増す。

8時間が過ぎ、私の勤務時間も割増手当が付く時間になった。

よし、それでいこう。
ようやくGoサインを出した。

ありがとうはなくても良い。
受かってくれればそれでいい。

後日、電話連絡が来た。
相変わらず少し暗い。

内定をもらいました。

まじかっ!
思わず電話越しに驚嘆した。

ありがとうはなくてもいい。
ただ、連絡をくれてありがとう。

二次試験の魔力。

これは、二次募集が受かりやすいことを言っておるわけではありません。

ただ、どの組織も人集めに必死な様子。

これが売り手市場の一つの特徴かもしれない。

だからといって、自己分析や業界研究を疎かにするなど、甘えてよいわけではない。

そして、久々に先日とあることで連絡をした。

仕事を辞めました。またお世話になります。

そうか。。。

※ 今回の事例、本人にも掲載の許可はもらっています。ご了承ください。

スポンサーリンク





ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングにほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク