就活は「やりたいこと」だけに固執しない。~組織と想いの共有ができるかが大切。~

シェアする

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

更新の通知や、お問い合わせは以下のSNSからも可能です。



「やりたいこと」ばかりに注目をすると、身動きが取れなくなる。

前回は、大学を活用することについてお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。

20卒も21卒も、大学は最低限活用しよう。〜駆け込み寺で済まさない!〜
就活には、大学の活用が欠かせない。 前回は、公務員と民間の併願についてお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。 さて、様...

さて、あなたの「やりたいこと」を探そうと以前からお伝えしておりますが、実はやりたいことは新卒からすぐにできるようになるかといえば、そういう訳ではありません。

やりたいことの将来プランについては、以下も合わせてご覧ください。

入社後にやりたいこと~「その企業だからこそ」を見つけよう。~
入社後にやりたいこと 前回は、学生時代に打ち込んだことについて触れました。詳細はこちらをご覧下さい。 さて、様々なエントリー...

「やりたくないことをやる。」その覚悟があるか。

就活生と話をしていると、面接で散々やりたいことを語ったのだから、「組織に入ればやりたいことがすぐにでもできるんだ!」と考えている方が多いです。

はっきりと言ってしまえば、やりたいことができるのは社会人になってその組織である程度の地位までいってからでしょう。

もしかしたら、同じ会社に20年、30年と勤めあげても、新卒時代に掲げた「やりたいこと」とは無縁かもしれないということだってあり得るのです。

やりたいことだけでなく、組織の想いに対する共感度を知ろう。

新入社員の壁として、「やりたいこと」があるのに「やれない」というものがあります。

人事から行きたい部署とは違う配属を言い渡される。

行きたい部署だったけど、やりたいこととは程遠い仕事を任される。

そのようなことがほぼ確実に起こります。就活生としてあんなに一生懸命やりたいことを考えたのに、それが無に帰すような感覚に襲われるでしょう。

そこが勝負どころとなります。

その自分の想いとのギャップに打ちひしがれて離職する方が実に多い。それが、下記の記事でも紹介している「仕事が自分に合わなかったため」という理由からも分かります。

自分の軸を持つために~誰に何を提供したいのか~
軸で大切になるのは「誰に何をしたいのか」 前回は、自分の言葉で伝える「伝え方の技術」について、触れました。皆と同じような能力をPRするとい...

ここで、就活生のあなたに、留意しておいてほしいことが、

「やりたいこと」を述べるのは、組織への想いを伝える一つの手段であるにとどまる。

ということ。

ゆえに、やりたいことをするためにその組織に入るのではないし、やりたいことが出来るかどうかがその組織への評価とはなり得ない。

そして、だからこそ面接の際には「苦手」や「困難」を聞いてくるのです。苦手や困難というマイナスをどう乗り越えたのかを知ることで、あなたのやりたいこと以外へのモチベーションの変化やストレス度を計っています

苦手、困難については以下をご覧ください。

苦手なことの書き方~苦手なことにも果敢に挑戦しよう!~
苦手なことの書き方 前回はエントリーシートのスポーツ・部活動・文化活動の欄について触れました。詳細はこちらをご覧下さい。 こ...
人生で最も困難だったことは何ですか?〜目標達成に向けチャレンジする主体性。〜
これまでの経験の中で最も困難だったことは? 前回は、「もしあなたが面接官だったらどの応募者を採用しますか?」という質問に対しどのように考え...
失敗経験にこそ隠れているあなたの本質。~面接で失敗を聞きたがる理由とは。~
成果の大きさよりも失敗の大きさが大切。 前回は、面接であなた自身を示すなら成果の大きさではなく感情を見せることが大切であるとお伝えしました...

注意として、「やりたいこと」を考えても意味ないわけではないですよ。上述のように聞かれるわけです。

以上のことからも、「やりたいこと」も「やりたくないこと」も、その両方に注目してなお、その組織に入りたいという想いが強いかを自己認識しましょう

いかがでしょうか?
組織は、やりたいことを実現する場ではなく、想いの共有により組織目標の実現、ひいては社会への貢献をする場です。

組織の社会貢献については、以下をご覧下さい。

民間企業も社会には貢献している!〜あなたにも社会に貢献する責任がある。〜
社会貢献をするのは公務員だけではない。 前回は、公務員の利益追求についてお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。 利益追...

組織とあなた自身が、その想いを共有できるかということが大切

やりたいことにばかり注目すると、視野が狭くなり、身動きが取れなくなります。「やりたいことも」「やりたくないこと」も含めて、組織の想いにどれだけ受容できるかを確認しましょう

スポンサーリンク