20卒も21卒も、大学は最低限活用しよう。〜駆け込み寺で済まさない!〜

☟シェアする

☟フォローして就活相談(無料)をする。



☟ブログランキング参加中。応援よろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

就活には、大学の活用が欠かせない。

前回は、公務員と民間の併願についてお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。

公務員と民間は併願できる。〜計画的に併願を。〜
公務員と民間の併願は可能なのか。 前回は、内定獲得後の辞退についてお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。 民間では内定...

さて、様々な大学で就活支援をしていると、大学ごとの特色が見えて面白いと感じます。

就活支援サイトリンク集

気になる就活支援をお選びください。





















大学は情報の集約場所

私が関わるほとんどの大学で4月からすでに21卒向けの就活支援関連が動き出しています。20卒と21卒への支援が同時並行している状態。

ということは、どういうことか。

20卒のあなたに関しては、引き続き就活終了まで支援継続するゆえに、大学の就活関連部署を利用しましょう。

21卒のあなたに関しては、これから就活が本格化していくゆえに、その準備を今から行うべく大学の就活関連部署を利用しましょう。
ということ。

一方、学生や就活生の皆さんは。。。

大学のキャリアセンターは駆け込み寺ではない。

20卒向けはもちろん、21卒向け、既卒向けと、大学ごとに本当に様々な取り組みを大学ごとにしております。

その一方、就活生の方は大学の中に目を向けない。

大学は、今問題になっている就活塾などで高いお金を払ったり、勧誘が多かったりするよりも、よほど安全性も正確性もあるのに。

(※ 上記は、就活塾や就活支援会社を否定しているわけではありません。むしろ有用な就活支援会社は多数存在します。ただ、就活生の弱い立場を悪用する会社も多いことも事実です。利用の際は、ご両親や大学等に相談をしてから利用することをお勧めします。)

もしかしたら、大学によっては訴求力に欠けるのかもしれません。それも原因の一つとして考えられますが、それでも就活生のあなたがアンテナをしっかり張れば、大学はそれに答えてくれます

学生によっては、駆け込み寺として大学のキャリアセンターを利用される方もいますね。

その場合、時すでに遅し…とまではいかないものの、なるべくなら「駆け込まないとやばい」となる前に来たほうが、圧倒的にあなた自身のためになるでしょう。

大学こそ、多くの情報が集約される場所。企業も、公務関係の人も、海外の人も訪れる。大学は、情報収集にはうってつけの場所なのです。

その場所を有効活用しない手はないでしょう。

駆け込んだとしてもしっかりとあなたに向き合うのが、大学のキャリアサポートセンター、そしてそこにいるキャリアカウンセラーです。

けれども、有益な情報を入手するタイミングが「やばい、駆け込もう」と思うその前後では、情報の有用性や鮮度が違います。

20卒のあなたは、引き続き面接練習などで大学キャリアサポートセンターを利用し、就職営業力を高めましょう

21卒のあなたは、早い時期からの大学キャリアサポートセンターでの情報収集をすることで、自分の価値を高めていきましょう

隣には20卒の方が一生懸命面接練習をしているかもしれません。それが来年のあなたです。今のうちに、横目でチラチラ、就活の感覚を少しずつ自分に馴染ませていきましょう。

いかがでしょうか?
大学、活用しましょう。

授業をする、サークル活動をする、それだけが大学ではありません。大学は、将来あなたが在りたい自分になるために行動を起こす場所です

大学の掲示板やポータルサイトの確認をして、就活関連の情報を入手しましょう

そして、その大学のキャリアサポートセンターには、就活のプロである我々キャリアカウンセラーがおります。存分に活用しましょう。

スポンサーリンク