スポンサーリンク

就活は傍を楽するための活動。〜ビジネスは相手のためにこそ存在する。〜

シェアする

傍を楽にするために、あなたは何ができるのか。

前回は、学年別のやることをお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。

学年別の今やるべきこととは。〜目標を定め、自身のための就活を。〜
各学年ごとのやるべきこと。 前回は、内定について自分の思いと寄り添うことをお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。 さて...

就職活動、何の為に頑張っているんだろう。この時期、そんなことを考える人が増加する。

おそらくそれは、仕事が始まってからも感じることでしょう。何の為に働くんだろう?

二つのブログランキングに参加中です!ぜひ応援を宜しくお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 ランキング
スポンサーリンク

スポンサーリンク

傍を楽に。そしてあなたを楽に。

傍を楽するため。これが「働く」の語源と言われています。

傍つまり周りを楽にする。

この周りとは誰を指すのか。

自分がベースにあってこその「傍楽」。

周りとは、サービス対象者でありビジネスパートナーであり、上司や先輩や同僚であり、そして自分自身である

私はそんなふうに考えています。

相手を思いやり、相手の困っていること、足りないことを補うことで生まれるのが仕事。誰かの役に立つからこそ、仕事ができるのです。

誰かに必要とされてこそ、その仕事は存在するのです。

けれども、それだけでは足りない。今後あなたの両親、家族を養うことだってあるでしょう。自分の身近な存在である家族を楽させることも重要。

そして何より、自分自身が仕事を楽しめなければ、お客様や同僚、家族のためになど仕事できようがありません。

自分自身を楽にさせるというのがベースにあるからこその周りへの波及効果が絶大なものとなるといえるでしょう。

では、あなた自身が楽する、つまり楽しいと思うためにはどうしたらよいか。

就活ではこれを追究、追求することが課題となります。

就活生の方は、誰のために何をしたいのか、何が自分を突き動かすのかを考えましょう

3年生以下の方は、それを探す旅の支度を進め、あわよくば就活の旅を始めましょう。

いかがでしょうか?

傍を楽する。

あなたは人のために何をしたいですか?そして、あなた自身のために何をしたいですか?それをぜひ考えつつ、就活を進めてください。

今回のことは以下の記事でもお伝えしています。合わせてご覧ください。

自分の軸を持つために~誰に何を提供したいのか~
軸で大切になるのは「誰に何をしたいのか」 前回は、自分の言葉で伝える「伝え方の技術」について、触れました。皆と同じような能力をPRするとい...

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング にほんブログ村

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする