あなたのその癖、チェックされてるかもよ!?

☟シェアする

☟フォローして就活相談(無料)をする。



☟ブログランキング参加中。応援よろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ



癖ほ自身の首を絞めかねない。

当たり前となりつつある、採用のWEB化。

費用の削減や利便性といったメリットがある一方、
生活感が浮き彫りになるだとか、周りの物音がうるさいといったデメリットも浮き彫りとなっていますね。

さらには、ビデオ通話ツールの問題点としてセキュリティの脆弱性も挙げられている。
セキュリティ問題はあるかもしれませんが、WEB化はおそらく加速するでしょう。

WEB化に順応することが、就活生にも求められています。

順応するとともに、気をつけてほしいこと。
それが、「」です。

WEBは一層、癖に注意!

WEBで話をしていると、上述のように、
生活感が出ないようにだとか、
物音がしないようにだとか、
周りを気にしなければならない。

それももちろん大切だけど、
自分にも目を向けよう!

WEBだと、どうしてもカメラと話してるような感覚に陥る。
それは、自分だけの世界にいるような感覚になる。

ちょっとでも気が抜けるとすぐに癖が出てくる
対面以上に恐ろしや〜😱

ついついカメラとは違う方に目を向けたり、
ついつい髪をいじったり。
「カメラに向かう」という意識がどうしても独りぼっちの感覚にさせてしまう。
結果、「癖」のオンパレードになっちゃうのは勿体ない。

そして、「カメラに映らなければ良いや」っていう考えも生まれてくるかもしれない。
映らないところにカンペを貼れば、やはりカメラに目線は向かない。

目線に限らず、怪しい動きは相手に十中八九勘付かれます。
WEBにおいてもやはり印象は大切
画面の後ろには相手がいることを肝に銘じましょう。

今流行りのWEBについてのみならず、
エントリーシートの記述の際には誤字や癖字といった癖や、
人と会う際には話し方や伝え方の癖にも意識を集中しましょう。

あなたの癖があなた自身の首を絞めることがないように。
あなたのその「癖」、徹底的に直しましょう。

そのための方法が以下。

面接練習で自分を客観視する方法~録画や録音のすゝめ~
面接練習するなら、録画や録音がお勧め! 前回は、選考に関係ない質問はないことをお伝えしました。詳細はこちらをご覧ください。 ...

モニター越しに映るあなたを客観的に分析しましょう

WEB面接の録画も支援にて実施中!
&今ならこのキャンペーン価格がお得!

https://enjoycareer.jp/2020-spring-special/
スポンサーリンク